3歳児健診での聞こえのチェックの大切さ①

3歳児健診で聞こえのチェックがあります。お家での検査やアンケートを行い、健診会場で聞こえのチェックをすることは、軽度・中等度の難聴がないかを見つけ出すために大切なことです。

軽度・中等度の難聴は、普通の声や大きな音は聞こえているのですが、音を正しく聞き分けることや、にぎやかな場所で話を聞くことが困難になってしまいます。
言葉の子音を正しく聞き分けることが難しかったり、集団生活での会話や指示を聞くのが難しい状態なため、自信がないことが増えたり、社会性の発達にも影響を及ぼすことがあると言われています。

聞こえにくさを健診で見つけておくことで、治療ができたり、聞こえにくさを軽減したりすることができ、言葉の発達が遅れないように早期に介入することができます。

出産時に新生児聴覚スクリーニングを受けられているお子さんも増えていますが、その後、疾患などにより難聴になることが稀にありますので、3歳児健診で聴覚についてしっかりチェックしていきましょう。特に、片耳難聴や痛みの出にくい滲出性中耳炎による聞こえにくさは、おうちの人でも気付きにくいため健診をぜひ受けていただきたいと思います。

 

☆『いっしょに』の大切さ

こどもの「ことば」は生活の中でコミュニケーションをとりながら育ちます。(ことばの発達とメディア:参照)わたしたちは、コミュニケーション能力を伸ばすためにいっしょにする状況は大事だと考えています。

今回は「いっしょにする」についてお話したいと思います。

いっしょに」のことばの意味を理解できるのはだいたい2~3歳頃からです。

はじめてのことに不安を感じやすい、また人見知りがあるお子さんに「おかあさんといっしょだよ」と伝えると前に一歩踏み出せる気持ちになれるかもしれません。

うたのおにいさんとおねえさんがでる番組のタイトルにも使われていますね。

こどもにはイメージの良いことばなのでしょうか?

いっしょに」は、人への興味を持たせ社会性を育てることば として子育てに必須な声掛けのことばの1つなのです。

私たちは、言語訓練の始まりと終わりの挨拶はいっしょに言います(斉唱)。また、帰る時には「いっしょに帰ってね」「手をつないでいっしょに帰ってね」と子どもに声かけをしています。

いっしょにいろんなことをすることで確認する力も育っていくと思います。

いっしょにすることって?例えば?

🍎手をつないでいっしょにあるく 

歩き始めは手をつなぐことができても、興味あるものが視界に入るとすぐ手を放すことがあった時に「いっしょだよ。いっしょに行こうね」「いっしょに早くあるこうよ。」などと声かけをしてみてください。歩調を合わせることができるようになったら、(手を放して)横に並んで歩けるといいですね。

以前、おうちでできるあそび として紹介した新聞電車もぜひしてみてください。(ことばあそび⑤新聞電車 参照

🍎いっしょに数える 

お風呂やゲームで数えるなどの時は、数えることに夢中で初めから最後まで同じテンポで数えることが難しいかもしれません。数の理解がまだできないお子さんも、一緒に言い終わるなどを目標するなどして待つ場面をつくってみてください。

 

 

繰り返すことで周りの様子を意識し確認できるようになっていくと思います。


参考書籍:湯汲英史,子どもが伸びる関わりことば26 ー発達が気になる子へのことばかけ,2006

湯汲英史,,小倉尚子,一松麻実子,藤野泰彦,発達障害のある子どもと話す27のポイント わかりたい気持ちを高めるために,かもがわ出版,2011

言葉の遅れだけで病院受診は必要?

 幼児健診や発達相談などで言葉の遅れや言葉の不明瞭さについて相談していると病院受診をして相談をした方が良いと勧められることがあります。もし言葉の事で受診を勧められた場合、どのような病院を受診すればいいかその場で尋ねるか、かかりつけの小児科の医師にご相談してみてください。

 おうちでのコミュニケーションは全く困っていないし、集団生活も送れているのに何故?と思われることがあると思います。

・出来ることや分かることに比べて話す言葉が増えない。

・沢山お話することができているけど、たどたどしくて伝わりにくい、言い間違いが多い。

という場合、言葉が遅れていることに気づかれにくい事が多いためです。

 ことばの発達は、生活習慣、身体発育、色々なことへの興味の広がり、食べる力など様々な力がバランスよく伸びていくことで支えられています。土台のどこがアンバランスになっているのかを病院受診で知ることができます。

 また、聴力や発声発語器官に異常がないかを見てもらうことも重要です。

 専門医は、色々な検査や専門職の評価の結果を総合的に診ます。その評価の結果、言葉を伸ばしていくために今は何が必要なのかを判断することができます。

 言葉の発達には個人差が大きい為、結果によっては定期観察を続けるためにまた受診をする必要があるお子さんもいます。

 言語訓練が必要な場合でも、そのお子さんにあった練習やその内容、始めるタイミングなどを、専門医が判断して、今後についての指標を示してくれると思います。

 病院受診の目的は多岐にわたります。保護者の方が、聞きたいこと、不安に思っていることを相談できるチャンスでもありますので、検討してみるのもひとつかもしれません。


参考資料:NHKすくすく子育て 育児ビギナーズブック⑤

「ことばの育み方」 監修 中川信子 NHK出版 編 2010年発行

日本言語聴覚士協会,言語聴覚療法臨床マニュアル,協同医学書出版社,1992

 

レジリエンス もう一回やってみようの気持ち

レジリエンスとは「立ち直る力」、人間の心の中にある「回復力」です。

できないことや苦手なことに向き合って繰り返し挑戦するためには

 

・考えや感じ方を修正できる力

・忘れる力

・教えてもらうために質問できる力

・承認を求める力

・確認する力

・柔軟な見方ができる力

・応援されて喜びを感じる力

・励まし、なぐさめてもらえる力 等のいろんな力が必要です。

 

レジリエンスはこどもの発達のなかで身についていくといわれています。

スプーンや箸を使ってご飯を食べる、トイレに座って排泄ができるなど

生活動作を繰り返し行う中で、できることが増えてきます。

がんばっている過程と できた結果をほめてることが

「もう一回やってみよう」の気持ちを育てるのではないでしょうか。

 

参考文献

チャイルドヘルスVol.23No.10  湯汲英史「レジリエンスと子どもの発達」

☆気持ちをことばで伝えよう

今回は、気持ちのことばを育てる、気持ちのことばを伝えるについてお話します。

気持ちの言語化ができると感情のコントロールにつながっていきます。

定型発達で3歳くらいの言語能力で気持ちのことばの表現ができます。(個人差はあります。)

こどもがことばを使わなくても、表情や態度で思っていることは大体わかりますが、お互いに気持ちを伝え合うことが、コミュニケーションUPにつながります。

気持ちのことばとは、姿かたちをもたない抽象語のことです。

例えば、たのしい、すき、うれしい、きらい、おどろく、こわい、かなしい、さびしい、おどろく、こまる、はずかしい 等です。

 

ことばで伝えるのが、出来ないお子さんには、同じ表情をまねっこしてもらう などいろんな表現をしてみてはどうでしょう。(どんなかお 参照してください。)

あそびをきっかけにお子さんがいろんな気持ちに気付くといいですね。

ポイントは、伝えたい意欲を高めること、聞き手がしっかり待つことです。

(伝えたい気持ちについて 詳しくは お話をする力の3要素を参照ください )

好きな絵本やテレビを見ているときに、登場人物の立場になって、気持ちのことばを聞かせて(代弁)あげてください。

例)

おとな「うさぎさん わらってる?たのしい?かな?」

こども「たのしい」

おとな「ぞうさん、ひとりだね。かなしいかな?さびしいかな?」

こども「かなしい。ひとりいや。」

おとな「ぞうさん、かなしいね、ひとりいやだね。」

まずは、いろんな気持ちを育てて、お互いにに伝えていきましょう。

 


参考書籍:湯汲英史,子どもが伸びる関わりことば26 ー発達が気になる子へのことばかけ,2006

湯汲英史,小倉尚子,一松麻実子,藤野泰彦:発達障害のある子どもと話す27のポイント わかりたい気持ちを高めるために,かもがわ出版,2011

☆こどもからの「ちょうだい」を引き出そう

言語訓練では、遊びの場面を用いて「ちょうだい」を引き出すやりとりをします。

要求はコミュニケーション発達の初めの段階にみられる重要な能力です。

要求には、意欲(~したい気持ち)が伴います。1歳頃から興味の幅が広がり、

2~3歳になると、「~したい」気持ちが増え、たくさん要求するようになります。

要求の多いこどもとはやりとりの回数も増えますよね。

こどもの要求が少ない、自発的な言動が少ないことを心配されている方は、

日常場面で理解できている状況をあえて不完全な状態にして、

こどもがどんな反応をするか、様子をみて(観察する)はどうでしょうか? 

要求動作がでるのを待ってあげることがポイント。

とはいえ、気持ちが強すぎるとお互いに待てないことはあります。

例えば、(対象 1歳代、2歳代のことばが少ないお子さん)

取って欲しいものがある時に

こども「!!…。ママ」

ママ「なに?、、、、、、。」

こども「(バナ)ナ。」

ママ「バナナ ほしいの? 」

こども「うん。」

ママ「(バナ)ナ、ちょうだい」(ジェスチャーも一緒に呈示する)

こども「ちょうだい。」 または「ナ、(ジェスチャーでもOK)」

ママ「バナナ、どうぞ。」

こどもの自発的な気づきや言動を褒められる、要求が達成されることが良い経験となり、次の活動力Upへとつながることがあります。

ことばに限らずいろんな要求や返答することを目標こども自身が考える大人は要求を待つなどの状況をつくって楽しくやりとりしてみてください。

 


参考書籍:

湯汲英史,子どもが伸びる関わりことば26 ー発達が気になる子へのことばかけ,2006

湯汲英史,小倉尚子,一松麻実子,藤野泰彦,発達障害のある子どもと話す27のポイント わかりたい気持ちを高めるために,かもがわ出版,2011

赤ちゃんに何を話せばいいの?

0~3歳児対象のことばの講話に参加した親御さんから、

「生まれたばかりの赤ちゃんに何を話しかければいいかわからない。」「父親から、ことばがまだわからない時期に話しかける必要があるのか、尋ねられて困った。」と質問されました。

赤ちゃんは泣くことが仕事といわれているように、泣くことで私たちにいろんなことを伝えています。

泣くというシンプルな発信がさらに発達する(指さしやことばを使う)為には、赤ちゃんからの働きかけ対してに大人が適切な刺激を与えてあげることが必要なのです。

こどもの聴覚は妊娠中から発達し始めている為、

聞き覚えのある声で赤ちゃんに話しかけると

親子の信頼感や安心感が育ち、それがコミュニケーション力(伝えたい気持ち)へとつながっていくのです。こどものお話しする力 ことばの3要素参照

ミルクをのませる時、オシメをかえる時などの、お世話している時に実況中継をしているように話しかけてみてください。

ポイントはゆっくりと抑揚のついたやさしい口調で。微笑むことで口角が上がり声も高くなります。

目が合ったら見つめ合って「ふふふっ」と笑うだけでも十分ですし、

抱っこなどのスキンシップをとりながら歌をうたって声をきかせてあげるだけでOKです。

信頼安心積み重ねていくことです。

 

ちなみに実況中継とは、アナウンサーのように多弁で早口でしゃべる必要はありません。

例えば、オシメ替えの時には「はーい、足をあげますよ。」と言ってから足を上げる。「おしり、ふくよ~。」「きもちいいね、おわり。」などお話してください。

ミルクの時は「ゴク、ゴク、おいしいね。」「あとすこし、ゴックン、おしまい。」

子育てに慣れない頃は お世話しながら話しかけるのは大変ですから、

育児する人が疲れている時は無理しないでくださいね。

 

参考資料:NHKすくすく子育て 育児ビギナーズブック⑤

「ことばの育み方」 監修 中川信子 NHK出版 編 2010年発行

 

男の子はことばの発達が遅いの?

「男の子だから言葉が遅い。」
ということは昔からよく言われることですが、実際のところはどうなのか調べてみました。

まず、初語(初めて出た意味のある言葉)についての調査では


 厚生労働省「乳幼児身体発育調査」2010年 7,652人
 7~8か月で2.2%、12〜13か月で57.6%、14〜15か月で79.1%、17〜18か月で89.1%、18〜19か月で94.7%が単語を話している。平均12.2か月。

 吉岡豊ら「初語の意味内容と表出時期について」2012年 228人
 全体平均12.7±2.8か月、男児13±3か月、女児では12.4±2.5か月、90%が15か月までに初語が認められた。


わずかに、男の子のほうが初語が遅い結果になっています。

1歳児健診の時点で、男の子でも女の子でも意味のある言葉が出ていない場合は、注意深く保健師さんと見守っていくようにしましょう。

また、育児相談などを勧められた場合は相談に行くことを検討してみましょう。

次に言葉が出てからの言語発達の男児女児の差について研究をみてみましょう。


 
 藤原雅子ら「1歳代の言語発達 : 1歳0か月から1歳11か月の表出語彙」2005年310人

 1歳代の獲得語彙数は、1歳から1歳7か月までの性差はない。1歳8か月以降の獲得語彙の数は、女児の方が早期に増え、男児はゆっくりだが名詞や動詞の割合には差はない。

 Teemu Toivainenら「Sex differences in non-verbal and verbal abilities in childhood and adolescence」2017年14,187 人

 男女の双子の研究で、4歳までは女児が早いが4歳以降は男児が女児に追いつく。発達段階にわたる非言語能力と言語能力における性差は無視できる程度である。

 山下由紀恵ら「初期言語発達における性差, 利き手要因の分析」1994年669人

 2歳までは女児が3か月ほど表出が早く、その後男児が追いつくことを繰り返す。2歳1か月~2歳4か月で一時的に男児が逆転し、2歳5か月~2歳8か月には差がなくなる。遅れは3か月程度で、2歳1か月~2歳4か月頃には女児に追いつく。


以上から、男児女児での言葉の発達の過程で違いはあるようです。

しかし「男の子は言葉が遅いの?」という疑問については、

それぞれの調査から「男の子は、言葉の遅い」とは明らかには言い切れないようです。

子どもの言葉の発達については、男女の差もわずかにあるようですが個人差がとても大きいです。

周りの方に「男の子は言葉が遅いから大丈夫よ」と言われていたとしても、保護者の方が「なんだか、うちの子は言葉が遅い気がするな」と不安に思われているのなら、相談する目安の時期に3歳児健診はちょうどいい機会と言えそうです。


参考文献

厚生労働省(2010)乳幼児身体発育調査<https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001t3so-att/2r9852000001t7dg.pdf>2023.8.31アクセス

吉岡豊他(2012)初語の意味内容と表出時期について<https://core.ac.uk/display/70371767?utm_source=pdf&utm_medium=banner&utm_campaign=pdf-decoration-v1>2023.8.31アクセス

藤原雅子他,1歳代の言語発達 : 1歳0か月から1歳11か月の表出語彙,九州保健福祉大学研究紀要,2005

Teemu Toivainen他(2017),Sex differences in non-verbal and verbal abilities in childhood and adolescence<https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0160289616303154>2023.8.23アクセス

山下由紀恵他,初期言語発達における性差, 利き手要因の分析,島根女子短期大学紀要,1994

水島児童館で言語相談を行います

  水島児童館にて 

 言語聴覚士がお子さんのことばについての個別相談を行います。

 ことばでやりとりができない、はっきりとしゃべれない、吃音がある…

 普段気になっているけど、なかなか相談できないな…

 そんなお悩みがあればぜひご相談ください。

 相談をご希望の方は水島児童館にお問い合わせください。

 

 日時:令和6年1月11日(木)10時00分~12時00分

 対象:年齢は問いません

 場所:水島児童館

 問い合わせ: 水島児童館 086-448-0650

倉敷児童館で言語相談をします

 倉敷児童館にて

 言語聴覚士がお子さんのことばについての個別相談を行います。

 ことばがなかなか増えない,はっきりとしゃべれない,吃音がある…

 普段気になっているけど、なかなか相談できないな…

 そんなお悩みがあればぜひご相談ください。

 

 日時:令和5年12月22日(金)15時~16時

 場所:くらしきすこやかプラザ1階

 問い合わせ:倉敷児童館

    電話 086-429-1791