〇〇〇の秋

秋ですね。

栗ご飯に、秋刀魚の塩焼き、さつま芋の煮物・・先日ある日の我が家の夕ご飯。
秋色沢山の夕ご飯で幸せだな~と、沢山食べました。
沢山食べたら、運動です。
歯磨きを済ませたら、その場で足踏み100回。
せっかくだから、あたまの体操もしながらやろう!と思って、
「秋の食べ物」を考えながらやりました。
そうすると、さっき食べたものばかり。
他の課題でしたほうが良かったかな、、、(;^ω^)

皆さんも、食欲の、スポーツの、「秋」、満喫しましょう(^-^)

 

いよいよ明日から・・・

9月30日で全国の緊急事態宣言とまん延防止等重点措置が明けますね

10月からは,介護予防事業も新たに教室がスタートします

8月中旬からずっと休講だったので,久しぶりに皆様にお会いできるのを楽しみにしています

引き続き,感染予防でお願いすることも多いですが,よろしくお願いいたします

久しぶりに体を動かす」という方も参加されると思いますので,教室中もあまり無理をしすぎないようにしてくださいね

 

寒暖差疲労

『寒暖差疲労』という言葉を聞かれたことがありますか。気温の大きな変化に体が付いていかず疲労が蓄積した状態です。

寒暖差が激しいと、たくさんのエネルギーを消費して寒暖差に対応するため、自律神経の乱れを引き起こしてしまい、体調不良が現れてしまいます。

9月は朝晩と日中の寒暖差が大きく、『寒暖差疲労』が起こりやすい季節です。なんとなく体がだるい、食欲がない、イライラするといった症状が起こってしまいます。また寒暖差アレルギー(血管運動性鼻炎)は、花粉やハウスダストなどのアレルゲンが原因の鼻炎とは異なりますが似た症状が出る、自律神経の乱れによって起こる鼻炎だそうです。

寒暖差疲労の対策としては適度な運動、規則正しい生活、体に寒暖差を感じさせないよう着衣などでの体温調整がよいと言われています。そこで適度な運動、秋の長雨や台風でも屋内で可能なラジオ体操はいかかでしょうか。

ラジオ体操を継続している人を調査した結果以下のようなことが認められたそうです。

・身体機能の維持・向上

・こころの健康を保持

・生活が規則正しくなり、食欲減退が防げる

など多くの利点があります。

ぜひ日常生活の中に取り入れ、寒暖差疲労対策してみてください。

(平成 25 年度 ラジオ体操事業調査研究参照)

再生マーク(三角の▷マーク)を押すとプラザ版ラジオ体操第一が流れます。

早口言葉第3弾

皆さん、お月見されましたか?
夜中に空を見上げると、星がたくさん!、そして大きい!、と感じました。
世の中はコロナに翻弄されていますが、宇宙はとても美しい

過ごしやすい季節になりました。
人との距離をとりながら、体を動かしたいですね。
今日はお家でできるお口の体操、早口言葉第三弾をお届けします。

再生マーク(三角の▷マーク)を押すと早口言葉が流れます。

おかかかけごはん おかかかけおかかがゆ おかかがかかったおかかかけかけそば 

どうやら私は「か」が苦手なようです。
早口言葉なのに早く言えませんでした💦
練習したのですが。。。(T_T)
引き続き頑張ります!

マスク下でお口も運動不足と言われています。
秋は美味しいものがいっぱい❣
美味しく安全にいただくために、早口言葉でお口の運動を一緒にしませんか❓

10(テン)プラ体操

介護予防事業の教室も休講になり約1ヶ月。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

今日は休講中の運動不足解消に教室受講者のみなさまにご提案させていただいている10(テン)プラ体操について・・・

なぜ10(テン)プラ❓と気になりませんか❓

それは職員がてんぷらが好物とか個人的な理由ではありません

日常に10分間、プラッと気軽に運動を継続して行ってほしいという介護予防事業職員の思いからネーミングしました。

受講者のみなさまから

  • 10分程度だと気軽にできるから続けられている
  • 10プラ体操に入っている片足立ちは立ったついでに1日何度もするようになった
  • 10プラ体操のついでにスクワットなど追加してするようになった
  • 入浴中などパタカラ体操をするようになった

などのお声をいただき、職員一同嬉しく思っています。

まずは約10分の10(テン)プラ体操をきっかけに始めて、慣れてきたらご自身が気になる運動もどんどん追加して行ってみてくださいね

9月20日は敬老の日

タイトルに掲載したように,9月20日は敬老の日です

例年,総務省が「統計からみた我が国の高齢者」というものを取りまとめています

令和2年の内容によると,総人口が減少する中で,高齢者人口は3617万人で,総人口に占める割合は28.7%と,どちらも過去最多となりました

また,高齢者の就業は,892万人と過去最多を更新し,16年連続で増加しているとのことです

働くためには,元気でないといけませんね

介護予防事業では,ブログでもフレイル予防などの『元気に年を重ねるポイントもお伝えしています

ぜひ,参考にしてみてください

たんぱく質、足りていますか?

こんにちは

雨の日が続いていますね雨だと買い物に出掛けるのも大変だと思う時もありますよね

そんな時は、日持ちのする缶詰や乾物などを上手に利用して料理をしてみるのはいかがでしょうか

最近は、ツナ缶やサバ缶などの魚の缶詰、焼き鳥などのお肉の缶詰、大豆水煮缶、高野豆腐など、たんぱく質を多く含む缶詰、乾物がたくさんあります。

たんぱく質は、筋肉や血液など体を作る材料になります

また、フレイル予防にも効果的です。

毎食たんぱく質を摂れるように、缶詰なども上手に活用してみてくださいね

 

食欲の秋を楽しもう

涼しい季節になってきましたね。

暑い夏も終わり、ようやく秋がやってきた気がします。

読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋など、秋を表す言葉はたくさんありますが  「食欲の秋」という言葉がある通り、秋は食べ物をおいしくいただける季節です。

「秋=食べ物がおいしい季節」と考えられる様になった背景には動物たちが本能的に多くの栄養を摂り込もうという背景があると考えられています。

また、暑い季節を乗り越えて涼しくなった秋に、夏バテした身体の調子を取り戻そうと自然と食欲が増し、より一層食べ物が美味しく感じられるのかもしれません。

秋といえば、みなさんはどんな食べ物を思い浮かべますか?

栗、かぼちゃ、さつまいも、さんま、りんご、柿、梨…本当にたくさんの食材があります。

ぜひ、みなさんも夏の疲れを癒し、来る冬に備えて、いろいろな秋の味覚を楽しみましょう

 

そもそも『フレイル』って何?

最近よく耳にする【フレイル】
雰囲気的には分かっているけど、分かっていないような…
という方いらっしゃいませんか

【フレイル】とは、加齢により心身が老い衰えた状態で、
         健康な状態と介護が必要な状態の中間地点と言われています。

 

 

 

 

 

 

フレイルは、早期に発見・対処することで改善すると言われています

介護予防事業は、ライフパーク倉敷 市民学習センターさんと共同で
「フレイル予防で健康長寿!」の動画を作成させていただきました

フレイル予防について3つの分野から紹介していますので、
ぜひ、見て頂けたらと思います

【認知症予防編】 https://youtu.be/l4xnqijlz94

【低栄養予防編】 https://youtu.be/G65lpb8YK6k

【お口の健康編】 https://youtu.be/TjDGGV2ovL0

「没頭できること」の大切さ。 

今では当たり前になっている感染対策、不要不急の外出による行動の制限、毎日の食事の準備などなど、、
自分自身の体調管理だけでも大変なのに、それ以外にも考えることが多くて心身が疲弊しますね

そこでふと思ったことは、ほんの一時でも何も考えない時間があればいいなぁ

つまり、、没頭できること(もの)を探す

そこで私が出会ったのが「スクラッチアート」です。
我が家で、子ども(6歳、10歳)が遊んでいたもの。ご存じない方もいらっしゃると思いますが、簡単に言うと「削る塗り絵」です。

それがもう楽しいんですッ終わった後は、気分もスッキリそして時間もあっという間に過ぎます

ただ、私がお伝えしたいのはスクラッチアートをしましょうということではなく、時間を忘れて無心で取り組めるものがあること大切ということです

ほんの短い時間でいいと思います。
何も考えずに取り組めるものがあると、それが気分転換になったり、生活のメリハリにもつながります
この秋、ぜひ皆さんも没頭できることを見つけてみてください