普通救命講習H28.5月

今年も児島消防署にて普通救命講習を受けました。

1464236093679

みんな真剣です。

1464236732080

万が一に備えて心臓マッサージも必死に練習です。

1464236788298

突然の心肺停止、それは決して他人事ではありません。

AEDの取り扱い方法もしっかり教えてもらいました。

児島ホームヘルプステーション

児島居宅介護支援センター

「高齢者虐待の防止と障がい者虐待の防止」について

平成28年7月20日(水)13:30~15:00

「高齢者虐待の防止と障がい者虐待の防止」と題して

倉敷市役所福祉援護課の本城匡主幹をお招きして

福祉援護課の役割について

高齢者虐待、障害者虐待とは・・・・

高齢者虐待の通報先、障害者虐待の通報先等

虐待の早期発見について学びました。

 

講義後の感想として

講師が、虐待防止に対する熱い思いをのせて、魅力ある言葉を使って話されたので、言葉一つ一つが心に残りました。

「知らないことは恥ではない。知ろうとしない事。見ようとしない事が恥である。」

特にこの言葉に感銘を受けました。

利用者の権利を守るという意識を強く持ち、虐待の早期発見を実践していきます。

平成28年4月から・・・

4月から新しいスタッフを迎え、ステーションでは活気が溢れています。
利用者の「個別性」を大切に多職種との連携を強化し在宅福祉のプロ集団として、利用者が「笑顔」で、地域で「共生」できるよう、豊かな技術力をもって業務を行っています。

2ブログ用

倉敷ホームヘルプステーション

平成28年1月13日(水)糖尿病食の調理実習

短時間で薄味のおいしい糖尿病食の完成。

ブログ用

チームワークが良かったのかしら

調理時間の短縮に電子レンジの活用、

材料の代替え案など知恵の情報交換もバッチリ

せっかくの献立知識、利用者にも家族にも友人にも伝えましょうということに・・・

 

倉敷ホームヘルプステーション

 

 

平成28年1月中の指示伝達会議

安全な車いすの点検と使用法を学習。

ブログH28.3.15(2)

利用者と介護者を交代で体験してみると、

思いもよらない「怖さ、不快さ、不安」が判り、

今までの車いす点検と介護方法をちょっぴり反省。

H28.3.15(1)ブログ

安心、安全、安楽な介護をめざしエイエイオー

 

倉敷ホームヘルプステーション

 

平成28年1月9日(土)最新の介護実技研修会

介護技術研究会マシュマロタッチの尾﨑廣子先生をお招きして

「利用者・介護者に負担のかからない」「気持ちいいを感じてもらう」

排泄介護を体験。

尾﨑先生の利用者に対する気配りと技術のすごさにスタッフ全員、

感動の嵐!!

28.3.15ブログ

 

毎年、来ていただいているのに、利用者への触れ方、立ち位置、

忘れている事が多い・・・・が本音です。

早く、習得した技術を利用者宅で実践したいです。

倉敷ホームヘルプステーション

 

 

H28.1.18 虹

虹

今年は暖冬でずっと暖かったのですが、

今日は久々に寒いですね。

児島支所6階の窓からきれいな虹が見えました。

二重の虹は幸運の前兆なんだそうです。

なんだか良いことがありそうですね。

ちなみに、英語ではそのままダブルレインボーというようですよ。

みなさんも良い一年になりますように。。。

 

児島ホームヘルプステーション

児島居宅介護支援センター

普通救命講習IN児島

 

児島消防署にて普通救命講習を受講しました。

心肺蘇生法について学びました。

下の写真はダミーを使って胸骨圧迫を体験しているところです。

image1

習ったことをちょっとご紹介!

大切なポイントとして

① 倒れている人を見つけたら、できるだけたくさんの人に応援を頼む。

  一人で全部を行おうとしないこと。

 

② 反応を確認する

  肩をたたきながら大声で声をかけます。

 

③ 呼吸の確認をするために、大きな声で10秒数えながら、

  胸と腹の動きを真剣に観察する。(観察がとても大切)

  10数える間に、通常の状態ならば1~2回は呼吸で上下に動いているはず。

 

④ 反応がなければ、30回以上胸骨圧迫を行う。

  1分間に少なくとも100回(速めのリズムで)

  結構体力が要ります。(・。・;

image2

AEDの使用法も習いました。

健康が一番ですが、もしもの時には、落ち着いて人命救助できるよう、

全員で真剣に学んできました。今日の学びを生かしたいと思います。

 

児島ホームヘルプステーション

児島居宅介護支援センター