令和2年度の最初の研修

児島ホームヘルプステーションです。

コロナ渦でなかなかヘルパー研修が実施できずにいましたが、

ようやく令和2年10月21日に初めての研修を実施することが出来ました。

タイトルは【感染症(コロナ感染症)】

コロナについては、テレビやマスコミ、新聞などで色々な情報を得ていますが

改めて学習することで、より理解を深める事が出来ました。

講師は倉敷市総合福祉事業団 在宅福祉課課長補佐 玄馬さんです。

真剣に学びました。

令和2年10月 研修✍「とっておきの話 ~感性を磨こう~」

こんにちは、倉敷ホームヘルプステーションです🌷

令和2年10月20日(火)と30日(金)の計2回、職員研修を行いました。
今回のテーマは「とっておきの話 ~感性を磨こう~」です

講師は、在宅福祉課の玄馬 正雄 課長補佐です。
前回に引き続き、熱い講義をしてくださりました!!🔥

本講義では「そんなことは知っているよ」や「そんなことは当たり前だよ」
といった、日常生活において、感性を鈍らせる言葉を使ってませんか・・・?

という問いかけから始まり、
【感性が豊かな人とは】【感性を磨く5つの方法】について
お話していただきました。

【感性を磨く5つの方法
1.いつもと違う環境に身を置き 考える
2.素朴な興味 関心 好奇心をもつ
3.立場 役割の異なる人を知り 認める
4.快 不快の印象を大切にする
5.自然の偉大さを知り その感動を味わう

相手のことばをよく聞き、深く感じ、そして素早く実践することで
より感性豊かな人へとつながっていくのではないでしょうか
今回も人間力を高める可能性を秘めた心に響く講義となりました

現在、当事業所では、毎日の検温、手指消毒、マスクの着用など
感染予防に努めています。

今後もひとりひとりに安心と満足できるサービスを提供させて頂きます👩🏻

体験☆ハンドル型電動車いす

こんにちは、倉敷居宅介護支援センターです🐣

外出時、こんなお困りごとはありませんか?
😟「セニアカーだと場所を取るなぁ」
😟「旅行に行きたいけど、セニアカーは大きすぎて・・」
😟「車いすだと押す人が大変かなぁ」

そんな方のお力になれるかも⁈ハンドル型電動車いす「Luggie(ラギー)」!!

当事業所にて試乗会を行いました。

コンパクトに折りたためて、持ち運びも楽々!

課長も乗り心地の良さを実感しております☺

今後とも、皆様のお役に立てるような情報をどんどんキャッチして参ります!

令和2年9月 研修✍「新型コロナウイルス」

こんにちは、倉敷ホームヘルプステーションです🌷

令和2年9月23日(水)と30日(水)の計2回、
今年度初めての職員研修を行いました。
今回のテーマは「新型コロナウイルス(SARS-CoV2)」です💥

講師は、在宅福祉課の玄馬 正雄 課長補佐です。
昨今、私たちの生活を混乱させている新型コロナウイルスについて
熱弁してくださいました!🔥
コロナウイルス研修1

新型 コロナウイルスの特性や感染拡大の経緯などを知り、
今後の感染拡大予防への取り組みについてや、
在宅介護サービスの提供方法を、改めて考えるきっかけとなりました。

コロナウイルス研修2

現在、当事業所では、毎日の検温、手指消毒、マスクの着用など
感染予防に努めています。

今後もひとりひとりに安心と満足できるサービスを提供させて頂きます👩🏻

施設見学☆タイオンデイトレ倉敷

こんにちは、倉敷居宅介護支援センターです

先日、倉敷市中島にある、リハビリ特化型デイサービス「タイオンデイトレ倉敷」へ見学に行ってきました。
こちらの施設では、mediVR 神楽と呼ばれる、運動・バランス・認知機能を
総合的に評価する医療機器を導入されております。
最新の機器と技術に、私たちもいい刺激を戴きました

試食も大変美味しくいただきました🍽🍙
ありがとうございました💖

今度も、皆様のお役に立てるような情報をどんどんキャッチして参ります!

私たちと一緒に働きませんか

コロナにも負けず

熱中症にも負けず

雪にも夏の暑さにも負けぬ

丈夫なからだをもち

欲はなく

決して怒らず

いつも静かに笑っている

そうゆうヘルパー

私はなりたい

こんな気持ちで

頑張っています

 

児島ホームヘルプステーションでした

児島居宅 お知らせ

児島居宅介護支援センターです。

現在高齢者ケア等勉強会は開催を控えておりますが、先日事業所内で研修を致しましたのでご紹介します。

あくらケアサービスの神崎さんより、最新電動車いすのご紹介があり、勉強会をしました。

商品名は「Ⅼuggie (ラギー)」 コンパクトに畳めてキャリアケースのように運べる電動車いすです。旅行に行きたいけど…セニアカーは持っていけない、車いすだと押す人が大変…、そんなときにはもちろん、小回りが利くので店内の狭い通路でも活用できます。みんなスタイリッシュなデザインに近未来感を感じました。諦めていた外出が快適になるといいですね。

他にも普通の車いすタイプとは違ったおしゃれな電動車いすが出ていて、それを利用している方は病院内の診察にも上手に一人で出入りされています。バリアフリーであれば家の中でも使用でき、痛みや呼吸苦があっても、移乗ができる人であれば喜ばれています。

環境を整え、少しでもできることを増やしたり楽しみが見付けられるお手伝いができるよう、これからもアンテナをしっかり張って皆で情報収集と提供をして参ります。

児島居宅 お知らせ

児島居宅介護支援センターです。

本年度は,1名増員の8名体制となりました。

これまで以上に丁寧で迅速な対応を心掛けながら皆で頑張って参りたいと思っておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

現在倉敷市は「緊急事態宣言」の対象地域からは外れておりますが、新型コロナウイルス感染症の予防の観点から今年度の「高齢者ケア等勉強会・多職種交流会」の開催延期のお知らせを致します。 

4月23日の児島医師会副会長 田嶋内科 田嶋先生と5月27日倉敷中央病院 循環器内科 多田先生のご講演の回につきましては延期とし、改めまして開催日が決まりましたらご案内させて頂きます。

7月21日の児島聖康病院 山﨑先生のご講演の回につきましては今の所開催予定としております。近くなりましたら状況をみながらご案内させて頂きます。

今春は皆様良い時候の中ひたすら辛抱の日々をお過ごしでしょうが、ご自宅、ご家族で過ごせる貴重な時間だったと振り返って話せる日が早く来ることを願いながら今を頑張りましょう!楽しく過ごせる良い情報がありましたら、是非お知らせください。

倉敷平成病院 脳神経内科・認知症疾患医療センターの涌谷先生から、茅野市のHPのCOVID-19(新型コロナウイルス)関連ファイルが分かり易くていいですよと情報提供を頂きましたので、併せて掲載させて頂きます。手書きの説明書が確かに分かり易いです。

https://www.city.chino.lg.jp/site/korona/corona-setsumei.html

 

 

 

第14回高齢者ケア等勉強会…

児島居宅介護支援センターです。

R2年1月29日 第14回目の高齢者ケア等勉強会・多職種交流会を開催致しました。毎回大勢の多職種の方が参加され、今回は77名が参加して下さいました。

最初に倉敷市保健所保健課保健医療係の大角主任より、保健所の取り組みとして難病対策の概況や災害時の取り組みなどを紹介、情報提供してもらいました。災害時には助けが来るまでの自助(自分の命は自分で守る)と共助(近隣で互いに支え合う)の大切さを強調され、日ごろの地域での確認も必要だと思いました。

そして今回はグリーン在宅クリニックの院長 國末充央先生をお招きして訪問診療の魅力と題して講演して頂きました。高校から始めたラグビーをこよなく愛し、その多様性を重んじた精神を医療に生かすべく診療を行っておられるとのこと。訪問診療の魅力として「いい気分になること」「チーム医療」を挙げられ、その為に心の在り方、捉え方のヒントを教えて頂き、また患者と家族が常に真ん中にいて、それを上下関係のないチーム医療で取り囲む、患者本位に寄り添う先生の姿、訪問診療の素晴らしさを感じることができました。そしていつものように事例検討で各専門職の持ち味を共有しながら、会場の皆が「いい気分」になったことと思います。

さて多職種交流会ということで、事業所さんの希望があれば紹介の場を設けています。皆さんもぜひ、ご参加、最新の情報を発信、紹介して下さい。

次回はR2年4月23日(木)田嶋内科の院長 田嶋先生にご講演頂く予定です。