👀ちょっと芽(め)の出る話!「視力の成長を妨げる要因③:目の病気がある」

  

 みなさま,こんにちは,
 くらしき健康福祉プラザ 視能訓練士の長尾です。

 本日は,前回に引き続き,
③視力の成長を妨げる要因:目の病気がある。
についてお話します。 🙂 

「子どもの見え方」と
「家庭での見え方チェックポイント」

 視力の成長する年齢(視覚の感受性期が高い)でもあります。
 視力は生まれてから急激に発達し,小学校低学年まで続くと言われています。

視力の成長を阻害する3つのこと

1 目👀のピントが合っていない
  例:遠視,近視・乱視が強い

2 目👀の位置がずれている。
  例:片目のみが外や内,上下にズレる,ズレることがある

3 目👀に病気がある。

☆黒目が白く濁る(子どもの白内障など)

☆黒目がキラッと光る(網膜芽細胞腫など)

☆黒目が大きく見える,左右差がある(子どもの緑内障など)

☆黒目がまぶたにかかる,隠れる(眼瞼下垂など)

目に病気があると視力の成長を妨げる要因になります。
 病気の早期発見は大切です。
 家庭でのお子様の様子を確認してみましょう。

 

★目の位置がずれて見えるとがありますか?

⇒目の位置がずれると,視力の発達や立体的(両目を上手に使う)に見ることが苦手になることがあります。

 視能訓練室では倉敷市長の「新型コロナ感染症の拡大予防に向けたメッセージ」を遵守し,5月6日までは対面での相談・支援は延期していますが,倉敷市民の皆様からの電話やメールでの相談は受け付けていますので,ご利用ください。

 新型コロナ感染症の拡大予防のため在宅過ごされる方々もいらっしょると思いますので,子どもの「見え方」や
「気になるしぐさ」のチェックポイントについて年齢別にお伝えいたします。
  気になることがあれば,電話(434-9885)やメール
ご相談くださいね。