吃音の話③ お話しができる環境づくり

こんにちは。言語聴覚士Kです。

今日は「吃音の話③ お話しができる環境づくり」についてお話します。

5~6歳で8割のお子さんが自分の吃音に気付くと言われています。「お話しする意欲」を下げないような周囲の理解が必要になります。

自覚の有無については個人差があります。過度な心配は不要です

吃音への気付きが無い場合は、話し方への注意やアドバイスはしないでください。 🙂 (吃音の話②参照)

 

どもるときも、どもらないときも「ためらうことなく話すことができる」ことを目標としてください

 

 

 

 

🍎話し方への疑問や悩みを言い出したら、はぐらかさない

話し方のアドバイスをしない=意識させないことではありません。

日ごろからお子さんと会話をする時に、吃音の話をしてもよい雰囲気を作るのは良いことです。疑問や不安を傾聴し受け止めていきましょう。

例:「話しづらいときがあってもそのまま話していいよ。」「『お、お、おっ、かーさん』ってなってもお話してね。」等 の声掛けは「話しづらさ」の共感と「わかってくれている」の安心感を与えます。

吃音の話をしても悪くならないといわれています。吃音は悪いものと思わせないことが重要です。

🍎園とお子さんの様子を日ごろから共有する

園生活をより楽しく過ごすために園の先生の理解は欠かせません。家や園での情報交換は、お子さんの理解者を増やすことにつながります。

話し方へのからかいにはお友達に吃音について説明する等、大人の対応が必です。  

どのように対応するかは保護者、先生、専門機関(言語聴覚士等)との連携が必要となることもあります。

 

お子さんの成長と共に、ことばでのコミュニケーションを楽しんでください。

 

【おすすめ吃音関連サイト】以下リンクは外部サイトに移動します。

吃音ポータルサイト

吃音ラボ

全国言友会(吃音(きつおん)のある人のセルフヘルプグループ)

参考書籍: 菊池良和, 吃音のことがよくわかる本, 講談社, 2015年

     吃音のことがよくわかる本

関連記事 ことばの相談について

     吃音のお話① 

     吃音のお話②