福祉用具春の特設コーナー2019

テーマ 「寝返りを支援する電動ベッド」
日 時 2019年3月~2019年5月
場 所 くらしき健康福祉プラザ 1階 展示コーナー

 電動でベッドの床が左右にゆっくりと傾き,体位変換ができます。

 床ずれ予防のため2時間おきに体位変換が必要な場合,夜間も時間ごとに起きて持ち上げるといった介助者の負担が大きいだけでなく,介護される方も体に触れることで眠りの妨げとなります。 

 「寝返りを支援する電動ベッド」は,背上げ,高さ調整などの従来の電動ベッドの機能に加えて,寝返り角度,速度,時間の設定ができ,24時間,自動的に寝返り介助をすることができます。

 ぜひ、展示コーナーで実物をご覧ください。

 ※ プラザでは、レンタル、販売等は行っておりません。

冬の福祉用具特別展を開催します

テーマ 「モレずに快適、尿ケア用品」
日 時 2019年2月20日(水)~23日(土) 
     10:00~16:00
 
場 所 くらしき健康福祉プラザ 1階 展示コーナー

内 容 
 テープタイプ,パンツ型などのおむつや軽失禁用パッドなどの展示,紹介。
 サンプル差し上げます。

♦知って得するミニ講座♦
内 容 「上手な利用で快適生活」~排泄ケアの予備知識~
日 時 2019年2月23日(土)
    ①11:00~ ②14:00~
     (各30分・無料・事前申し込み不要)
 ♪メーカー講師によるわかりやすい内容です。
 

冬の福祉用具特別展

福祉用具冬の特設コーナー2018

テーマ 「片付けかんたんポータブルトイレ」
日 時 2018年12月~2019年2月
場 所 くらしき健康福祉プラザ 1階 展示コーナー

 ポータブルトイレといえば,使用後の片付けに困られている方も多いと思います。バケツをトイレに持っていき排泄物を捨てて,バケツを洗って・・・と大変ですよね。今回は,バケツ洗い不要のポータブルトイレを展示しています。

 


<ポータブルトイレ①>
 使用後はボタンを押すと,自動ラッブ機能で排泄物をビニール袋の中に閉じ込めた状態で出てきます(写真右,下のトレイに出ています)。
バケツの洗浄が不要,気になる臭いも密封されます。


<ポータブルトイレ②>
バケツに処理袋をセット。使わないとき,ポータブルトイレのふたを閉めると,袋のふちも閉じる機能付きで,臭いがモレにくくなります。

 ①②どちらのポータブルトイレも,処理袋などがなくなってしまったときなど,ふつうのポータブルトイレの様にバケツでも使えます。 

 また,今お使いのポータブルトイレで,市販の処理袋を使って片付けをラクにすることもできます。(数に限りはありますが,処理袋のサンプルお渡しできます)

 処理袋は,各自治体の指導にしたいがい処理してください。
 寒い時季,ポータブルトイレも上手に使って快適にお過ごしください。

 ※ プラザでは、レンタル、販売等は行っておりません。

秋の福祉用具特別展を開催します

テーマ 「自分に合ったくつ選び」
日 時 2018年11月15日(木)~17日(土) 
     10:00~16:00
 
場 所 くらしき健康福祉プラザ 1階 展示コーナー

内 容 
 履きやすい靴,履かせやすい靴の展示,紹介。
 11月17日(土)は,フットスキャンによる足底圧測定ができ,歩く際に,足裏のどこに力がかかっているか,歩き方のくせなどわかります。

♦知って得するミニ講座♦
内 容 「くつ選びのチェックポイント」
日 時 2018年11月17日(土)
    ①11:00~ ②13:00~
     (各30分・無料・事前申し込み不要)
 ♪メーカー講師によるわかりやすい内容です。
 

秋の福祉用具特別展

福祉用具夏の特設コーナー2018

テーマ 「みまもって安心」
日 時 2018年6月~2018年8月
場 所 くらしき健康福祉プラザ 1階 展示コーナー

 離床センサー,服薬管理用具,コミュニケーションロボットなど展示をしています。


<離床センサー①>
 センサーはベッドマットの下に設置してあります(写真右)。
心拍や体温などを感知するセンサー。


<離床センサー②>
 ベッド横に敷いてあるマットが,センサーです。ベッドから離れる際,マットを踏むと重さを感知しベッドから離れたことを知らせます。


<離床センサー③>
 丸い部分が熱感知センサーになっています。


<服薬管理用具>
 薬はケースに入れてセットしておき,時間になると音声と光で案内します(写真右)。間違ったケースを取った場合は間違っていることを教えてくれます。 


<コミュニケーションロボット>
 センサーにより「聞く,話す,感じる,考える」などの動作をしてくれるもの,お世話することで「うれしい表情」「悲しい表情」にもなる赤ちゃん型のものを展示しています。触れる方の笑顔や癒しが増えるかも。参考にしてみてください。

 音や声で知らせてくれる機器が多いですが,カタログでは実際の音を聞くことができません。
 離床センサーってどんな音がするの?
 コミュニケーションロボットっておしゃべりできるの?
展示コーナーで,ぜひ実物を見て触れてお試しください。

 ※ プラザでは、レンタル、販売等は行っておりません。

バリアフリー探検・福祉用具たいけん教室2018

今年も夏休みに,バリアフリー探検・福祉用具たいけん教室を開催します!  
夏休みの学習,自由研究にいかがですか?
 
 くらしき健康福祉プラザは,だれもが安全かつ快適に利用できるよう 「倉敷市福祉のまちづくり条例」に基づき整備された施設です。

kadantenji2

 バリアフリー探検・福祉用具たいけん教室では,「花だんや砂場,点字ブロックなどプラザのバリアフリーの探検」「ユニバーサルデザインって何?」「車いすに乗ってみよう!」など内容いろいろで予定しています。  

日 時 7月25日(水)①午前10時~,②午後2時~
       28日(土)①午前10時~,②午後2時~
     8月1日(水)午前10時~
        3日(金)午前10時~
        8日(水)午前10時~
      10日(金)午前10時~
      16日(木)午前10時~
           24日(金)午前10時~      各2時間程度 希望日時をお伝えください

  • 対 象 市内の小中学生(小学3年生以上),親子での参加も可
  • 人 数 各10名程度(先着順)
  • 集合場所 くらしき健康福祉プラザ 1階交流ラウンジ
  • 持ってくるもの 筆記用具,水とう,ぼうし ※ たくさん歩きます。動きやすい服そうと運動ぐつで 来てください。 ※ 写真さつえいをしたい人はカメラも。
  • 申し込み 保健福祉相談室 電話 434-9849  FAX 434-9853

30たんけんチラシ