「クリスマスリースづくり」を実施しました

有城荘にも「大きなクリスマスツリー」がお目見えし、華やかになっています室内にもクリスマスを彩るオーナメントやミニリースを飾り、すこしでも、楽しい気分になれたらいいなと思っています…。

さて。今年も「クラフトバンド」で作る「クリスマスリースづくり」を2日間にわたり開催しました。皆さま無言で集中し、ひたすら編む編む編む…。でき上がった際には「わぁ素敵」という声が飛び交いました

来年のクリスマスは、にぎやかに楽しめる日でありますように

「干支のあみぐるみづくり」を実施しました

みなさま、お変わりはないでしょうか。いろいろと不安の多い中、来る年を迎える用意はすこしでも楽しくしたいものですね

有城荘でも、来年の干支である丑にちなみ、疫病退散の縁起物「赤べこ」の編みぐるみをおなじみ倉永先生と綾部先生のご指導の下でつくりました。

当初は「親べこ」だけ編む予定でしたが、余った毛糸で「子べこ」にも挑戦!編む人それぞれに表情も豊かなべこたちが完成しました。素敵ですよね~このクオリティ皆さまの健やかな日々を守ってくれますように…。

 

3年目となった「干支のあみぐるみ」シリーズ。来年も?実施予定でいます。ご参加お待ちしております

地域交流グラウンドゴルフ大会を実施しました

秋といえば「スポーツの秋」

今年も地域のグラウンドゴルフチーム「鈴の音」の皆さまにご協力いただいて、微妙なお天気の空のもと、11月13日交流グラウンドゴルフ大会を実施しました。会場はなんと!初の試み!新しくできた天然芝の「倉敷市グラウンド・ゴルフ場」を、贅沢に2コース貸し切りにして行いました。天然芝は職員にとっても初体験。皆さまの「やっぱりいいね。打っていて気持ちがいい」のお声と満面の笑顔に、思い切ってよかったと胸をなでおろしました

大会成績

1位 75打 / 2位 80打 / 3位 81打

ホールインワン 22名

有城荘でのグラウンドゴルフ講座は初心者も多く、この交流大会が初めての大会参加となる方もたくさんおられます。大会でのルールやマナー、スコアのつけ方など、ベテランぞろいの「鈴の音」の皆さまには職員も毎回教えていただいて、大変勉強になっております。本当にお世話になりました

来年も開催したいと思います。講座受講の有無にかかわらず、皆さまぜひご参加くださいね

さぁて、次回の有城荘は・・・

11月20日(金)「干支のあみぐるみ 赤べこ」を実施します。その様子はまたお知らせしますね。

備える防災講座を実施しました

秋も深まった11月。皆さま元気にお過ごしでしょうか?空気も乾燥して、お肌の保湿と「火の用心」の季節でもありますね。11/9からの一週間は「火災予防週間」でした。

有城荘では11月12日(木)さわやか講座「備える防災講座」を実施しました。

倉敷市防災推進課から吉藤重光さん・舩本雄さんをお招きし、万が一のとき慌てることなく、被害を最小限に抑えるために、日ごろからできることを教えていただきました。

当日は14名の方と一緒に  ①近所の環境を再確認 ②ハザードマップの確認 ③「家庭内DIG」(自分の家の間取り図(ドア・窓・家具の配置、電化製品の配置)をつくり、危険個所を確認しておく) ④非常持ち出し袋の確認ローリングストック方法=日頃から少し多めの常備食を購入して、賞味期限が近くなれば買い替える)  など、消防士でもある吉藤さんのお話を真剣に(!)聞きました。

また、この日のためにYouTubeで研究したという舩本さんのご指導のもと、災害時に役立つ「新聞紙スリッパ」を実際に折り、卵の殻の上を履いて歩いて感触を体験しました。なんとこの卵の殻は、職員がこの日のためにせっせと集めたものなんです(「実際に試せるとはいいですね」とうれしい一言もいただけました!)。

 

 

 

 

最近は優秀なものも多く、備えておくといいですよということで、非常食のおみやげもいただいて!有意義な、楽しい時間でした。

吉藤さん、舩本さん、本当にありがとうございました。いざというときに慌てることのないよう、いつも心に防災意識を

「コットンであむマスク」を実施しました

夏の暑さも落ち着き、秋の風が金木犀の香りを運ぶ気持ちよい季節になりました。皆さまお元気ですか?今月から「インフルエンザワクチン接種」も始まり、より一層の予防が大事な時期になりましたね。そんな時こそ「マスク」の出番です。

今回は『コットンであむマスク』を開催しました

開催前からこのブログでもお知らせしていましたが、定員10名のところ本当にたくさんの方がお申込みくださり、急遽会場を増やして実施することとなりした。

講師に倉永先生と綾部先生をお招きして、細編みと中長編みを基本としたマスクを編みます。ご希望のお色の「コットン糸」を5号かぎ針で編み進めること2時間……。参加者の皆さまの中には、編み物経験豊富な方々も多々…。完成されたマスクは「糸」だった頃とは全く装いを変えて、皆さんのお顔にぴったりフィットし、すごく素敵でした。倉永先生・綾部先生のご指導もわかりやすくて、参加者の皆さんも笑顔で手を動かされていました。マスク

ちなみに今回のマスクの色別人気は以下の結果でした。 

1位 紫 2位 桃 3位 黄緑 4位 淡桃 5位 ベージュ

※お申し込みの際の「見本」は、職員が編んでご用意しておりました。職員3名は編み物経験者ですので見本の編み上げもさすがでした…残り1名はご想像にお任せします

11月は疫病除けの縁起物「赤べこ」を編む予定です。ぜひぜひホームページをご覧くださいね

 

 

「季節を楽しむ折り紙」を実施しました

今年も敬老週間の連休を終え、より朝晩が涼しくなり過ごしやすい気候となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?旧有城荘の解体工事も始まり、皆さまにはご迷惑をおかけしますが、令和4年春完成予定の新館を楽しみに、ご理解とご協力をお願いいたしますm(__)m

有城荘では、10月より「通常のお部屋提供」ができる見通しとなり、職員一同ホッと胸をなでおろしております。そんな「秋」を満喫すべく、今回は「十五夜」をテーマに、公民館等で折り紙講座をされている河合先生をお招きしました

そもそも「十五夜」とは1年の中でも最も空が澄み渡る旧暦8月に、美しく明るい月を眺める行事です。もともと十五夜は旧暦8月15日ですが、月の満ち欠けを基準にしていた「旧暦」と太陽の動きを基準にしている新暦では、1年の始まる日も1年の長さも異なります。そのために旧暦と新暦にズレが生じ、実際には毎年9月中旬~10月上旬に十五夜がくるとされているそうです。今年の十五夜は10月1日、お見逃しなく。

今回有城荘では、お団子をのせる「三宝」と、ススキなど飾る「つぼ」そしてかわいい「うさぎ」を、和紙や折り紙で、折りあげていきました。季節を楽しむ折り紙

少人数制にしたことでソーシャルディスタンスをとることができ、また先生のお話やお声かけもいただきやすく、参加者の方々の真剣な取り組みで2時間があっという間に終わりました。できあがった三宝には先生から「お団子のかわりにマスカット」つぼには「えのころ草」をいただいて、秋を楽しみました

さて次回の有城荘は…

10月16日(金) コットンで編むマスク 定員10名

を開催予定です。コロナウイルス対策として「マスク着用」が日常になった世の中ですが「マスク=お洒落」の意識も高まる中、有城荘でも、色とりどりのマスクでご来館いただいています。そこでおなじみ倉永先生をお招きして「コットン糸」とかぎ針で編むマスクとして、手編みのマスクをつくることにしました。かぎ針編みの基礎のキソが復習できます。皆さまのお申込み、お待ちしております。

「クラフトバンドのかごづくり」を実施しました

残暑厳しい中、有城荘ではクーラー故障のため、ご利用者のみなさまに大変ご迷惑をおかけしております。各講座・同好会の皆さま方、いつもご利用くださっている方々のご理解とご協力をいただきまして、なんとか開館を続けています

そんな中、9月10日「クラフトバンドのかごづくり」講座を14名の方にご参加いただき実施しましたそもそも「クラフトバンドって何?」と、お思いの方もおられるでしょうか。簡単にご説明しますと…。

クラフトバンドとは、牛乳パックや古紙を再生した手芸用の紙紐です。丈夫なうえにカラーも豊富で加工しやすく、かごやバックといった作品つくりに最適です。色を変えるだけで、同じ作品でも表情が様々に変わり作るのが楽しくなるのも魅力です。

講座では、全6色の中からご希望の色をお伺いして「カット済み材料」を職員がご用意しました。皆さんとても夢中で取り組まれ、お昼休憩も手を動かされていた方もいらっしゃいました。最後にはちゃんと皆さま完成され、皆さまの嬉しそうなお顔に職員もとても感激しました

今回、初めて4時間の講座を新人ふたりで担当し、緊張しながらも奮闘しましたクラフトバンド同好会からもベテランおふたりにお手伝いいただきまして、大変心強いサポ―トをしていただきました。本当にありがとうございました

クラフトバンドのかごづくり

参加者の方からもご好評の声を頂戴しましたので、また企画できるよう職員一同頑張りたいと思います9月24日には「季節を楽しむ折り紙」講座を実施します。ぜひご参加くださいね。

ごきぶりだんごづくりを実施しました

季節は変わり暑い日差しが続く毎日、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

有城荘が3階で再開館してから、1か月が過ぎました

8月からは「倉敷市生きがい型デイサービス事業」各講座も再開しさらに多くの皆さまに、お会いできるようになりました。

以前とは違う環境の中でご面倒もおかけしていますが、職員に対し温かいお声かけもいただき、本当に感謝しております。コロナウイルス感染拡大の中ではありますが、今後もウイルス対策を徹底し開館してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。ごきぶりだんご

そんな中、毎年恒例の「ごきぶりだんごづくり」を8月6日(木)、7日(金)に実施しました。3密を避けるため、両日ともに午前と午後に分けて少人数での実施でしたが、たくさんの方に参加をしていただきました。(新人指導員も皆さまに教えられながら、なんとか初めての事業を終えることができました!)

来年もまた実施する予定でおりますので、ご興味のある方、来年の申し込みをお待ちしています

今後の休館のお知らせ

皆さま、こんにちは

久しぶりのブログ更新になりますね

有城荘も、新しい生活様式に基づいた予防策を取りながら、5月21日より再開館しておりますいろいろなご不自由もおかけしていますが、皆さまのご協力をいただいておりますことを,ただただ感謝しております

引き続きひとりひとりが気をつけることで、安全にご利用いただけたらと思います。よろしくお願いしますね

そして、有城荘の引っ越しが近づいてまいりました。「有城荘だより」でもお知らせしてるとおり、下記の予定となっております

1階での開館  6/16(火)まで

             (6/17~7/16 休館)

3階での開館  7/17(金)から

現在、少しずつ荷物を移動させたり、利用して頂ける環境整備に取り組んでいるところです。職員体制も荘長・看護師2名・指導員1名 の4名となり、気持ちも新たに皆さまをお待ちしております

なお、引き続き3階でのご利用につきましても

「3密を避ける・検温と健康チェック・マスク着用」にて、ご理解とご協力の程、どうぞよろしくお願いいたします

皆さま、新指導員ともども、今後ともよろしくお願いしますね

 

 

 

「有城荘まつり」を実施しました

皆さま、こんにちは

今、日本及び世界で、新型コロナウィルスの影響で大変な状況になっています。

皆さまも少なからず負担になっていることもあるでしょう。

ただただ一日も早く終息する事を願い、皆さまも自分にできる事をしっかりしていきましょう

2月22日 第19回有城荘まつり

新型コロナウィルスのことがあったり、朝から雨が降って悪天候の中、なんとか有城荘まつりを実施することができました

最後まで大きなトラブルもなく無事に終え、400人を超える多くの方に来荘していただけました

ご来荘頂いた皆さま、またご協力下さった皆さま、本当に本当にありがとうございました