わりばし工作⑤

みなさんこんにちは!

先日、児童館を通りかかった利用者の方から、工作のブログを楽しみに見ていると声をかけていただき、とても嬉しく励みになりました。ありがとうございます。これからも更新がんばります!

そんなわりばし工作も、ついに第5弾!

今回は、「段ボールこま」をご紹介します。

≪材料≫(こま1個分)

・わりばし1本

・段ボール

・輪ゴム2本

≪道具≫

・えんぴつけずり

・目打ち、千枚通しなど穴をあけるための道具

≪作り方≫

①段ボールを丸や四角など好きな形に切る。

②切った段ボールのちょうど真ん中のところに穴をあける。

※目打ちや千枚通しなどを使って穴をあけるときは、危ないのでおうちの人にしてもらいましょう。

③わりばしの細くなっている方をえんぴつけずりで削る。

④段ボールの穴にわりばしを半分ぐらいのところまで通す。

⑤わりばしのとがっている方の先から3センチぐらいのところに、輪ゴムを何回か巻き固定させる。

⑥段ボールを輪ゴムのところまでおろす。段ボールが下にずり落ちなければOK!

⑥段ボールをはさむように、段ボールのすぐ上のところも輪ゴムで固定する。

完成

わりばしを両手ではさんですりあわせるようにして回してみよう!

どんな形がよく回るか、それぞれの形がどんな回り方をするかなど、いろんな形を試してみてね!

段ボールに絵をかいても楽しいよ

作るときや遊ぶときに、わりばしの先でケガをしないように気をつけてね。

わりばし工作④

みなさん、こんにちは!

暑さもだんだんと和らぎはじめ、心地のよい涼しい風が吹き抜けるようになってきました。秋はすぐそこまで来ているようですね。

今回は、4つ目のわりばし工作「わりばしパチンコ」をご紹介します。

《材料》

・わりばし2膳(計4本)

・輪ゴム6本

・牛乳パック1本

《作り方》

①わりばし2本を交差させて、わりばしの上から3センチくらいのところで2本のわりばしの間を輪ゴムでとめる。動かないように何度か巻き、しっかり固定させる。

上下をひっくり返して写真のように置く。

②3本目のわりばしを(ア)の真ん中あたりの下に(ウ)のように置き、(ア)のわりばしと輪ゴムで固定する。

③(イ)と(ウ)のわりばしの先を合わせて、先から3センチくらいのところで輪ゴムで固定する。

④4本目のわりばしを(イ)の真ん中あたりの上に(エ)のように置き、(イ)のわりばしと輪ゴムで固定する。

⑤(ア)と(エ)のわりばしの先を合わせて、先から3センチくらいのところで輪ゴムで固定する。

⑥写真のように向きを変えて置く。

最後に(イ)と(エ)のわりばしの先から先に輪ゴムをまっすぐひっかけるとできあがり

《遊び方》

牛乳パックを7センチ×3センチに切り、半分に折って弾(たま)を作る。

折り目の部分を輪ゴムにひっかけて思いっきりひっぱって離すと、弾が遠くに飛んでいくよ!

余った牛乳パックを使って、点数を書いた的を作って、その的をねらって飛ばしても楽しいよ

遊ぶときは、飛ばした弾が周りの人に当たらないように気をつけて遊んでね!

わりばし工作③

みなさん、こんにちは😊

3度目のわりばし工作のお時間がやってきましたよ~👏ぱちぱち~👏

今回は玉島児童館でも大人気のおもちゃ”ロンドローロ”を

なんと!わりばしと牛乳パックで作ってみたいと思います!イエーイ!!

材料

・わりばし1膳(2本)

・牛乳パック1本

・セロテープ

・ビー玉やスーパーボールなど球体のもの(遊ぶときに使う)

道具

・はさみ

①牛乳パックをたてに半分に切る。

 

②半分はふたの部分を閉じて四角い箱を作る。

③残った半分の底を3cmくらいの高さで切って

 閉じたふたの部分に貼りつける。

④わりばしの先をすき間を1cmくらいあけて③の上に置き

 セロテープでとめる。

*セロテープでとめた手前にビー玉など球体を置いて

 わりばしをそっと開いていくと………😲

 なんと、手元に向かってコロコロコロっと転がってくるよ!

*牛乳パックをマスキングテープやシールなどでデコレーションしたり

 点数におかずカップなどをつけてもかわいくなるよ。

*転がす球体も、ビー玉やスーパーボールだけじゃなくて

 テニスボールやゆで卵などいろいろためしてみてね!

 ちなみにスタッフは家にあったオレンジ🍊でやってみたら

 手元に転がってきたよ。大きすぎて落ちなかったけど😊

では第4弾あるかな~。お楽しみに~👋

 

 

 

わりばし工作②

みなさん、こんにちは!!

9月になり、新学期🏫が始まりましたね。

玉島児童館でも秋の気配🍂を感じながら、

みなさんが来館できる日に向けて環境整備をしています✨

さてお待ちかね!お家にあるわりばしを使った工作②

(くものす🕸オーナメント)をご紹介します。

材料

・わりばし1膳(2本)

・スズランテープ(シャカシャカした荷ひも) 見本は約3m

・セロテープ

道具

・はさみ

作り方

①わりばしを十の形になるように中心をテープでとめる。

②その中心にスズランテープのはしを貼り、

幅が広いまま、時計回りに前から巻きつけるようにはしに絡ませながら巻いていく。

(イメージはくものす🕸。なるべく隙間がない方がきれいにできるよ。)

③はしの先が3cmくらいになったらスズランテープの先を

50cmくらい残して切る。

④上にするはしの終わりに2度巻き、隙間に先を通してとめる。

⑤残ったひもでつるし部分を作る。

 

今回はまだ暑い時期なので涼しげに見えるスズランテープを使ってみました。

アレンジとして、秋冬ならあまっている毛糸で作ったり、

流行りの裂き布リボンやカラー麻ひもなどを使ってもおしゃれだよ!

色々な素材で作っておしゃれに飾ってみてね!!

 

次は~、わりばし工作③があるかもよ~😊

わりばし工作①

みなさん、こんにちは!!

いろいろあった夏も、そろそろ終わろうとしていますね。

玉島児童館で大切に育ててきたカブトムシやクワガタが

先日虹の橋のふもとに旅立っていきました😢

 

さて今日はどこのご家庭にもある”わりばし”を使った工作

(くじびき)を紹介します。

材料 

・わりばし2~3膳(4~6本)

・牛乳パック1本(なければ空き箱や封筒などでも可)

・セロテープ(マスキングテープでも可)  ・メモなど

道具

 

・マジック  ・カッターナイフ  ・はさみ

作り方

①牛乳パックを写真のように切り取る。

 

②ふたになる部分にわりばしが入るくらいの穴をあける。

③ふたをテープでとめる。

 

④わりばし(太い方)に数字をかく。

 

⑤数字を下にして牛乳パックへ入れる。

今日のおやつを取る順番を決める時、お手伝い内容を決める時などに使えば

ドキドキ感を味わえるイベントにすることが出来ますよ😊

もちろんくじをひくのが楽しくなるように

デコレーションしてもいいと思います。

数字の内容はその時に合わせて色々変えてみてね!

次回のわりばし工作②もお楽しみに~👋

おもちゃの病院 開院!!

「おもちゃの病院」

 8月19日(木)10:00~13:30

(時間内でも受付を終了することがあります)

玉島児童館におもちゃの病院のお医者さんが来てくださいます。
こわれて動かないけど大好きなおもちゃを1つなおしてもらえます。
子どもさんと保護者の方、いっしょに来てください!
基本的に治療は無料ですが、部品代など実費が必要なことがあります。

おでかけ児童館でトールペイント体験!

先日玉島東公民館でおでかけ児童館を開催しました。

今回は夏休み中なので、クラフトたいむとしてトールペイント体験をしました。

藤原美菜子先生をお迎えして、卓上掃除セットに猫のお家を描きました。

見本を見ながらそれぞれに自分好みの家や猫の顔、衣装などを描いていました。

最後に先生が出来上がった作品を並べて写真を撮ってくださいました😊

すごくかわいくて素敵なお掃除セットが完成しました!

自分の勉強机や食卓のお掃除に使ってくださいね。

場所をお貸しいただいた玉島東公民館の方

準備をして楽しく描かせてくださった藤原先生ありがとうございました。

玉島児童館の飼育日記④

こんにちは。本格的な暑さも夏休みもスタートしましたね。

さて、今回は飼育日記第4弾!                         夏の虫といえば、みなさんご存じ「カブトムシ」を紹介します 🙂 

オスとメスがいるのが見えますか?                      今年のカブトムシは、児童館の利用者さん達からいただき、現在オス2匹、メス3匹が児童館で生活しています。                                   カブトムシは、夜になると特に元気になり脱走を試みるようで飼育箱をかじったり、土の上で暴れているせいで飼育箱の周りに土が飛び散っていることが多々あります。今回は、珍しく昼間でも活動していたので撮影に成功しました!この夏の新たな仲間としてみなさんをお待ちしています!

※前回の第3弾で紹介したクワガタの一匹の寿命が来てしまいました。残念です 😥 

玉島児童館の飼育日記③

こんにちは。児童館も22日から再開し、                           以前のように子どもたちが朝から遊びに来てくれ                    少しずつにぎやかになってきました。

さて、いよいよ飼育日記も第3弾!                                                        今日は「クワガタムシ」を紹介します。 

                                      このクワガタは2年前に児童館にやって来ました。                   ある暑い夏の日、近所に住む虫が大好きな小学生の男の子が                         「先生、これいる??」                           と、かごに入ったクワガタを持ってきてくれたのが最初です。                          

そこから夏が終わり、秋が過ぎ、冬を越えて、春がきて・・・              児童館が開いている時間のほとんどは土の中に隠れていて               なかなか姿を見せてくれないのですが、                                  エサを食べていたり、木に登っていたりしている様子が                 時々見られます☆

               

児童館に来た時に、ぜひかごの中をのぞいてみてね♪                                                                                     

                

玉島児童館の飼育日記②

こんにちは。今日は朝から雨が降り続き、じめじめとした天気ですね。

さて、前回のブログに引き続き、今日も児童館で飼育している生き物の      紹介をします!                                   玉島児童館ではおなじみの「蚕(かいこ)」です☆                  何年も前からずっと飼っており、今年の蚕たちも昨年の蚕が産んだ卵を休眠させ       今春ふ化した子たちなのです。

臨時休館前にはまだまだ糸のように細かった蚕ですが、                  毎日桑の葉をたくさん食べ大きくなりました。

                                     

ある程度大きくなると、繭をつくるために糸を吐き始めます。             自分の体のまわりを覆うように、口から細い糸を吐きます。

   

糸を吐き始めて1日ぐらい経つと、完全に繭ができて蚕の姿は見えなくなります。    

       

ちなみに、、、玉島児童館には白い糸を吐く蚕と、黄色い糸を吐く蚕がいます。

                

繭の中でさなぎになり、約8日後、羽化します。

この蚕たちが卵を産み、また来年その卵を育てる予定です。              現在は、まだ幼虫のままの蚕や、繭の状態の蚕、成虫になった蚕など          いろんな姿の蚕が見られます。                           児童館が開館したら、ぜひお早めに会いにきてください!

次回の飼育日記は「クワガタムシ」です。お楽しみに♪