視能訓練室だより:視能訓練士とは?

皆様こんにちは,

視能訓練士の長尾です。
4月から新しい年度が始まりましたがいかがお過ごしでしょうか。
新しいスタートをされた方も多いと思います。

くらしき健康福祉プラザでも人事異動があり,
新しい仲間が増えました。
これから,よりよいサービスが提供できるように,新職員は新人研修が
スタートします。
視能訓練室では人事異動はありませんでした。

さて,これから不定期ではありますが,見え方に関するお役立ち情報や
視能訓練室の取り組みについてお知らせできればと思います。

●今回は視能訓練士がどのような職業なのか,どのような仕事をしているかを
お知らせしたいと思います。

1.視能訓練士について
「視能訓練士」と聞いても聞きなれない方が多いと思いますが,
看護師,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士と同じような医療系の国家資格です。
「視能訓練士」は昭和46年からはじまった医療技術職で「見る」に関する検査,訓練が専門です。
視能訓練士の多くは眼科で勤務をしています。
具体的には,
1.視力検査,視野検査などの視機能検査
2.斜視,弱視の検査・訓練
3.健診・検診で視覚障がいの早期発見
4.視覚障がい者のリハビリ
などが主な業務になります。
眼科で検査を受けたスタッフが「視能訓練士」だったかもしれません。

2.くらしき健康福祉プラザの視能訓練室の業務について
くらしき健康福祉プラザは医療機関ではなく,保健・福祉施設のため,
眼科で勤務する視能訓練士とは少し違った仕事を行っています。
主な業務は
1.相談
   倉敷市民の見え方に関する相談を行っています。
   眼科医師の専門相談を予約制,1回515円で行っています。

2.視覚障がい児・者の自立支援
   視覚障がい者がご自身でできる工夫・グッズの紹介・支援を行っています。

3.視覚発達支援
   視力は良好だが,「見ること」に苦手さがあり,学習に困難がある小学生の
  支援を行っています。

4.出前講座
   子どもや大人の見え方に関する情報提供を行っています。

5.3歳児健診での視覚検査
   倉敷市が行なっている3歳児健診に参加し,視覚検査を行っています。

倉敷市民の方で見え方で気になることがあれば,気軽にご相談ください。